校舎の様子 | 東進ハイスクール我孫子校|千葉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール我孫子校 校舎長 安倍寛人

東進ハイスクール我孫子校 校舎長の安倍寛人と申します。
皆さんは今、受験を前にし、どのような気持ちを持っていますか?
私は、受験とは人生で一番最初の、自らが求めて自らの人生を決定付けるチャンスだと思っています。中学受験、高校受験と、皆さんは今まで何らかの選択をしてきました。その選択はある意味それまでの延長であったり、誰かの意向であったりしたかもしれません。
しかし、大学受験は、皆さんがこれから自分の人生を背負って独り立ち、努力により切り拓いていく最初の分岐点となるはずです。
いざ、皆さんの体と頭をフルに使い、帆を上げましょう。
皆さんの本気の努力と新たな出発を、東進ハイスクール我孫子校は応援します。

 

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

川田 遥 さん 東京大学 文科一類
市川高校 卒 オーケストラ部 東進ハイスクール我孫子校 OG
川田 遥 さん 東京大学 文科一類
担任助手として一言
受験生活は辛いこともたくさんあると思います。そんな時に大きな支えとなるのはやはり仲間の存在そして夢です。学校の友達であったり、東進の担任助手もみんな受験生活を支えてくれる大切な仲間です。私も辛い時担任助手の方々に話を聞いていただき本番には自信を持って臨むことができました。また夢も持ってください。夢は勉強をするための原動力になるからです。皆さんの受験、そして夢の実現を全力でサポートしていくのでよろしくお願いします!
石井 友梨 さん 順天堂大学 医療看護学部
県立柏高校 卒 硬式テニス部 東進ハイスクール我孫子校 OG
石井 友梨 さん 順天堂大学 医療看護学部
担任助手として一言
受験勉強を通じて自分が成長できることはたくさんあると思います。大学合格は夢への通過点だと思うのでなりたい自分を想像して努力していきましょう!!私たちも全力でサポートしていきます!
大島 悠 くん 中央大学・理工学部
柏中央高校 卒 バスケ部 東進ハイスクール我孫子校 OB
大島 悠 くん 中央大学・理工学部
担任助手として一言
自分が受験勉強で一番大事だと思うのは根性を持って自ら最後までやり抜くこと。高校生活の貴重な時間を最高なモノにするために、一緒に、頑張ろう!

→もっと見る

渡辺 悠太 くん 
麻布高校 卒 東進ハイスクール我孫子校 OB
渡辺 悠太
担任助手として一言
第一志望の合格を成し遂げるためには、できるだけ早くから動き出し、つらいときには仲間に支えられてもらいながら、限られた時間を計画的に活用していかなければなりません。はやくからスタートして、自分の将来の夢を実現するための通過点としての大学受験を一緒に頑張っていきましょう!全力でサポートしていきます!

校舎イベント紹介

特別公開授業

特別公開授業

特別公開授業は、東進の実力講師陣が我孫子校に来て授業を行うイベントです。普段は画面を通じて受講をしている先生が目の前で授業を行ってくれます。もちろん先生に直接質問をすることもできますし、受験に関するアドバイスもたくさん聞くことができるので、受験生はもちろん、受験がまだ先だと感じている高1・2年生のモチベーションもこの特別公開授業で一気に上がります。この特別公開授業を通じてその科目が好きになった生徒も多く、受験への一歩を踏み出すためのチャンスです。

ロングホームルーム

ロングホームルーム

我孫子校では毎月1回、ロングホームルームを行っています。ここでは1週間毎に行っている週間ホームルームとは少し異なり、校舎長が直接生徒に受験に関する情報を示したり、モチベーションが上がる話をしたりします。主な内容としては、東進の模試の結果を踏まえてのアドバイスや叱咤激励、今後の勉強方針の確認などです。個人で受ける授業が中心である東進の教育システムの中で、集団効果を活かし生徒に受験に対する意識改革をさせる重要なイベントと位置づけています。

グループ面談

グループ面談

受験勉強を、一人で乗り越えていくのは大変なことです。東進では、自分にあった仲間と共に乗り越えるためグループ面談を実施しています。グループ面談では、担当の担任助手や同じグループの仲間と1週間の計画をたてていきます。一緒に切磋琢磨し、お互い高めあうことができ、モチベーションのアップにもつながり、勉強に対する意識を高く保つことが出来ます。グループ面談を息抜きとして楽しみにしている生徒もたくさんいます。グループ面談を通して学んだことはただ勉強するだけでは得られない貴重な経験になります。