模試を受けるときに気を付けること | 東進ハイスクール我孫子校|千葉県

ブログ

2015年 10月 22日 模試を受けるときに気を付けること

こんにちは!東進ハイスクール我孫子校の國居です!

昨日から30日くらいまで、オリオン座流星群が見られるそうですね!

昨晩ちらりと外を見ましたが、曇っていて何も見えませんでした 😯

残念です・・・今日またリベンジしたいと思います。

 

 さて、今週末は、

全国統一高校生テスト

来週末は

全国統一中学生テスト

ですね!準備は大丈夫ですか?

 

模試受験にあたってのポイントをおさらいしたいと思います!

1.遅刻しない

模試というのは基本的に、

受験の試験本番と同じ気持ちで

臨むものです。模試での遅刻は本番での遅刻と同じです!

遅刻をすると、落ち込み、または焦りで、

本来の実力を出せなくなることがあります。

きちんと時間を確認して会場へ向かいましょう!

 

2忘れ物をしない

遅刻同様、忘れ物をすると、不安や焦りなどから

実力を発揮できなくなる可能性があります。

特に注意したいのは時計です。

テストにおいて、時間配分は大事なものになります。

本番の試験会場でも、時計を置いていないところが多いです。

気を付けてください!

 

3自分の回答を問題用紙に書き写しておく

模試は終わった後すぐ、当日または翌日に自己採点をしてください。

これには二つの意味があります。

一つは、問題を解いてすぐに復習をすることができるからです。

二つ目は、自己採点も練習しなければならないということです。

本番での自己採点は、合否の結果が出る前に、

自分がその試験に合格できているかを予想するための手掛かりになります。

そのため間違いがあってはいけないのです。

自分で採点できるマーク模試の際には、

必ず自己採点と成績表の点数を見比べましょう!

 

これらのことに注意して、全国統一テストをフル活用してください!

それでは、当日の試験頑張ってください!

 

最新記事一覧

過去の記事